稼働日記

【設定456確定】北斗天昇!設定狙い稼働日記!スランプグラフあり♡

こんにちわ!しょにゃです。

かなり久しぶりの更新となります。

というのも、スロかっつ!のブログを少しまったり更新にしていこうかなと。

スロットを始めとする、ギャンブル関係のブログ広告規制が大きな要因です。
少し様子を見ながらって感じです!

Twitterはバリバリ稼働中なので、スロかっつ!メンバーとより熱く激しく絡んでみたい方は是非フォローをお願いします(^ω^)(@syonyasloで検索してみてね♡

北斗の拳 天昇の設定狙い

さてさて、Twitterで仲良くしていただいてるフォロワーの皆様はご存知の通り、先日北斗天昇を打ってまいりました!

全台設定6のデータを見る限り、安定するということで期待を胸に稼働開始なのです!

その日は地元のお店の旧イベント。
朝から店内のBGMは北斗一色

店員さんも北斗をゴリ押ししていたため、ラスト1台を確保いたしました!!

この北斗天昇はモード管理の台なため、モードA、モードB、モードC、チャンスモードに分かれています。

モードA天井:700のゾーン
モードB天井:600のゾーン
モードC天井:400のゾーン
チャンス天井:200のゾーン

滞在モードは七星チャージの最終ゲームで小窓をタッチした時のボイスや、ステージ中の天候変化によってある程度は判別可能。

 

私の台は朝から200400などの、割と浅いゲーム数での激闘ボーナスへの当選が目立ちました。

今回の稼働前に低設定を打っていたため、「あれ、なんか当たり軽くない?」と思っていました。

初AT 真天昇RUSH!

1回目のATは、1スルーしたあとの200のゾーンの激闘ボーナスからでした。
対決中にレア役を何度か引いたため、デキレースという感じもなく
。何とかATに漕ぎ着けた感MAXでしたね。

 

 

 


この
AT480枚で終了

あまりの少なさに驚いていると

 

 

銅トロフィー出現(設定2以上確定)
見たいのはこれではありませんので、そっと写真を撮り何の動揺もなくレバーオンしました。

 

その後もATに突入するたびに500枚弱程度の枚数で終了。
ATがまじで伸びない。。。

そしてAT2スルーしたり、当たりはするけど400まで連れて行かれるなどのお金の入る展開になりました。

レインボートロフィー出現!

やめたいなーなんて思っていた時、横で打っていたお兄さんに肩を叩かれます。

お兄さんの台を見ると、まぁなんという事でしょう…

 

 

 

虹色に輝くトロフィーが!!!

 

 

 

見たかったのはそれです。
でもあなたの台で見たかったわけではありません。

 

横が設定6が確定してしまったため、ますます「次回ATをとったらヤメかな〜」なんて思っていました。

次回ATでやめようと思っていた私。
400の断末魔ゾーンからの激闘ボーナスに当選。昇舞球の1つが「撃破」でした。(完全なるリゼロ感)

2人の強敵を難なくぶっ叩いてATに突入します!

ここだ。ここでもうやってしまおう。


2400枚出してエンディングだ。
それで全て終わりだ。
楽になっちゃおう。

 

しょにゃのアームが火を噴きます。

 

 

 

結果は…

 

400

 

 

本日の稼働の最低枚数を叩き出し、激おこしょにゃ太郎になっている時

 

 

ピコン!

しょにゃを嘲笑うかのように、456確定の金トロフィーがくるくる回っていました。

 

ーああ、やる気なのね。受けて立つよ。

設定4だとしても、北斗神拳伝承者しょにゃ太郎が打てば、設定6のようなグラフを描くでしょう。

ー456確定しちゃったこと、後悔しないでよね。

 

注)本当はこの時静かにクレオフしてやめようとして立ち上がっていた、しょにゃ。それを相方のみのに見つかり、静かに椅子に座らされて打たされることになったのでした。

北斗天昇 推定設定4の闇

ーどれほどの時間が経っただろうか。

 

左の設定6確定した台は、とにかく激闘ボーナスの当たりが軽く、AT突入率も抜群。

その後も設定6確定が4回も出て、もう何も言うことない挙動。
私が前日の夜に頭の中で思い描いていたようなグラフを描いていた。

 

その頃しょにゃは、追加投資をしていました。

400のゾーンでの激闘ボーナスからのAT4回連続スルーして、投資は28K

どんなに気合を入れてレバーを叩いても、ハンとヒョウにボコボコにされるケンシロウ。

 

こんなに弱くてどうやって世紀末から世界を救ったのか。
疑問しかありません。

 

何人もの常連さんに声をかけられました。

「もうやめたら?」


「顔死んでるよ?」


「横が設定6でしょ?」


「そんなに北斗好き?」

 

いつもなら笑顔で対応するところですが、笑顔を作ろうとすると、ほっぺたと口が引きつるのが自分でも分かりました。

 

ただ機械割が105%を超えることが確定している台を捨てることは絶対に許されない(みのに)のです。

 

それに個人的に設定4の挙動を見てみたいという思いもありました。

北斗天昇 ラストに衝撃の展開が待っていた…(スランプグラフあり)

やっとこさATに突入して、800枚獲得。
その後も100G以内に当てた激闘ボーナスからATにねじ込み、400枚獲得。

少しずつ少しずつ、出玉を戻しました。

それからも同じような展開を繰り返し、時は夜の21時。
最後の
AT480枚で終了。

 

 

その時

 

 

(写真撮ってないため拾い画です)

 

 

 

 

全米が泣きました。
本当一瞬フリーズしました。

そして今までスロットを打ってきて、一番絶望した瞬間だったかもしれません。

設定4だと思い込んでいた私の台、本当は設定6だったのです。私が設定6を殺していたのです。
北斗天昇の設定6勝率は約97%

この日私は初めて北斗天昇の設定6をツモり、その3%をいとも簡単に引いてしまったのです。

 

気になった点は…

とにかくATの枚数が少ない(設定6はほぼ弱ATしか選ばれません。昇天したら設定6はかなり薄いでしょう。)
激闘ボーナスの初当たりが軽い(1日通して1度も天井には行きませんでした。)

 

 

打ち切ったスランプグラフはこちら!!

このスランプグラフをTwitterにあげたところ…

 

https://twitter.com/syonyaslo/status/1196046574062723072

 

 

沢山のいいねが集まりました。(だからまぁいっか!とはならないよ)

6号機に思うこと

今回、北斗の天昇の設定狙いをして、早々に設定6確定した横のお兄さん(4号機から専業をしている、かなり上手な方)も言っていましたが

「これはもうスロットではない」

私も同意です。

 

なぜかと言うと、「設定6はほぼ同じ展開、ほぼ同じグラフを描く」からです。

自分のヒキや、その日のドラマを楽しむ打ち手からするとあまりにもつまらないし、スロットを「自分の手で打っている」という感覚があまりにも感じられない。

フリーズを引いても何をしても2400枚で終了。みんな同じ展開しか待っていません。

 

正直リゼロなんかは、当たるゲーム数までのお金入れるから勝手に回ってくれないかなとすら思います。
だって、何したって決まったところでしか当たらないんだから。

なんなら、設定1の方が一撃性のドラマがあって面白いかもしれません。
だけど、それはもうスロット本来の形ではないと思うんですよね。

メーカーの方もしっかりと考えて、全力を尽くして世に出した台なことは、痛いほど分かりますが、これが2400枚規制の力でしょうか。この2400枚システムがある限り、似たようなシステムの台しか生まれない。

 

昔と投資金額はほぼ変わらないのに、バックが少ない。
毎日設定
6が打てたり、ハイエナが出てくれればいいですけどそれは夢のまた夢。出来たとしても一瞬です。

悲しいけれど、時代がスロットをそうさせたってことですね。
あの北斗ですら、「美味しいハイエナ台」と騒がれていることが、私は何だか切なくも悲しくもあります。

 

私はスロットにお金だけではなく、楽しさやドキドキも求めていたタイプの人なので、今のスロット業界には残念な気持ちしかありません。

皆さんはどう考えますか?

是非コメントやTwitterでリプやDM待ってますので、どしどしご応募(?)ください!

それでは、また会う日まで
せーの!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

にほんブログ村 スロットブログへ

応援ポチしていただけるとやる気がでます♪

にほんブログ村 スロットブログへ

POSTED COMMENT

  1. うてぃ より:

    今のままじゃ6号機になるにつれスロットは衰退するんだろうとは感じてますねぇ
    現状まだ5号機あるから具現化してないように見えるけど、6号機だけになったら一般客はほぼ消えてる。
    ジャグとハナもなくなるし。
    6号機の規定で設定1でもワンチャン勝てる台を作ろうと思うとリゼロや北斗みたいになるのもわかるんですが、いかんせん通常時が苦痛過ぎる。
    かと言って高設定は同じことの繰り返し。
    どちらも作られた流れにしかならないし、やってやった感もない。
    金の為だけで考えると効率だけはいいからだれかに打ってもらいたいと思うし、そりゃ打ち子も増える。
    打ち子が増え続けると一般客が打てる台は更になくなる。
    少ないパイを専業軍団が奪い合う世界になる。
    スロット云々じゃなくてもはやアルバイトと言う名の打ち子を雇った数で勝負が決まる。
    そしてますます稼働は減りやがて全滅です。

    だからまどマギの叛逆みたいな台が増えた方が個人的には良いと思ってますけどね
    多分、専業さんは減るけど(笑)

    他にも現状に対して色々思うところはありますが、全部書くとまだまだ長くなるので今日はここまでにしときます( ̄▽ ̄;)

    • しょにゃ より:

      うてぃさん♡
      こんばんわ!しょにゃです\(^o^)/
      読んでくれて嬉しいです!
      いやー、本当うてぃさんの仰る通りです。スロットを楽しむ人たちには辛く苦しい時代がやってきました。
      でも多分規制の関係でどうにもならないんだろうなって。多分スロットを考えてる人達って天才だと思うし、その人たちが練りに練ってこれなら、もうどうしようもないんだと思います。。
      でもスロットって楽しむものだったよなーって。
      お金稼ぎだけの媒体になるのは悲しすぎる。。
      私の大好きな北斗がエナ台って言われるのも辛いです。。どうにかならないですかね〜。
      コメントありがとうございます!

  2. キビツ より:

    絆が良く出来過ぎたんでしょうね〜
    だから設定6確定が出る台は安定して稼働がつくとか。
    絆は設定を惑わすテーブルモードがあったりするから確定が出るまで追いかけたりしますが、6号機は設定2と設定6じゃ挙動が違いすぎて底設定?と思ったらもう追いかけないってなっちゃいますから稼働は相当減るかなーって。
    稼働が落ちれば利益も減って設定も下がってまた稼働が減って。
    さすがに期待出来る状態にはならないでしょうね。
    勿論店のやる気によりますが僕の地域ではもう無理かなと。

    • しょにゃ より:

      キビツさん♡
      こんにちわ!しょにゃです!
      本当おっしゃる通りで、6号機はいい意味でも悪い意味でも低設定がわかりやすすぎるんですよね…
      それに6かくが出やすい。そうなると、打ち手の選択肢も狭まりますし、途中でやめられている台を打つのも気が引けてしまいますよね。。
      ブログやYouTubeの広告剥がしも始まってますし、店側は利益を抱え込むことに重点を置く様になります。そうすれば設定状況もますます悪くなりそうです。
      悲しい時代になりましたね。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です